犬の治療費はどのくらいかかるの?

犬の治療費は、医療機関によって違います。基準料金の設定が概算です。かわいいペットに十分な診療を受けさせてあげるためにも、ペット保険で備えておきましょう。

 

以下の目安金額は、犬の人生で、よくある施術です。
もちろん、条件により数倍の料金になるケースもあります。

 

通常往診、不妊手術、狂犬病予防はほぼどの犬にもあるでしょう。
これに骨折や誤飲などによる入院が1、2回、内科の病気があるかないかというのが、犬の人生で一般的な見積もりではないでしょうか。
犬の手術で多い病気ランキング

 

通常往診

  • 初診料 2000円程度
  • 通常往診料(1回) 2000円程度

 

不妊手術

  • 不妊手術犬・雄 15000円程度
  • 不妊手術犬・雌 25000円程度

 

入院した場合

  • 小型犬1頭の1日の入院料 3000円程度
  • 中型犬1頭の1日の入院料 3000円程度
  • 大型犬1頭の1日の入院料 4000円程度
  • 特大型犬1頭の1日の入院料 5000円程度

 

狂犬病予防

  • 狂犬病予防注射  3000円程度
  • 狂犬病予防証明書発行  1000円程度

 

よくある例をあげていますが、突発的な事故や重い病気の場合、

  • 骨折治療の場合は、100000円以上
  • 摘出手術の場合は、100000円以上

と通常では、かなりの多額がかかってしまいます。

 

ペット保険は結局お得なの?

ペット保険を利用すると、病気の内容や契約にもよりますが、半額〜全額保証してもらえるケースが多いようです。

 

人間と同じで病気の種類や回数が予想できないので、保険に入るのと入らないのではどっちがいくら得なのかということは一概に言えません。

 

ですが、犬種によって骨折や心臓病、結石など病気が出やすくなることや、年齢が上がる方が病気の発症率が高まる可能性は高いのは確かです。

 

とくに最近では、ペットの高齢化が進んでいます。

 

魔除けやおまじないの意味も含めてペット保険に入っておくことは、老後も愛犬を守るために有力な選択肢です。

 

 

 

 

[[関連記事]]

 

失敗しないペット保険の注意事項

 

犬のペット保険 定番ランキング