ペット保険とは

大切な家族の一員であるペットがもしも突然の病気、思わぬ事故になってしまったら、どうしますか?

 

愛するペットのために、急な出費に備えておく、これがペット保険です。

 

2000万匹や2500万匹とも言われています。日本の総世帯数の約40%、3世帯に1世帯の割合ですね。

 

ペットは家族の一員ですが、病気や入院は費用が多額になるケースがありとてもこわいものです。

 

一方、ペットも高齢化が進んでおり、人間と同じように白内障や痴呆、ガンなどの病気にかかるペットが増え、治療が長期になることもあります。

 

ペットの医療費には基準がなく、人間のような医療保険制度もないので、ペットの医療費が高額になるのです。

 

特に手術や長期入院が必要になると家計を圧迫するほどの支出になることもあります。

 

入院が必要となると10万円以上の費用がかかってくることも少なくありません。

 

もちろんペットが苦しんでいる姿を見るのはつらいですが、それとともに家庭の経済事情にも大きく影響してしまいます。

 

そこで、ペット保険はもともと注目はされるようになりました。

 

また国内でも本格的にペット保険が充実してきました。

保険料の形態

大きく分類して、

 

【固定型】・・・種類・大きさ・年齢等に関係なく一律

 

【変動型】・・・種類・大きさ・年齢等によって異なり、加入後も見直される

 

に分けられます。

どこの病院で使える?

ほとんどの団体が、全国のどの動物病院でも適応可能としています。
給付金を受け取るには、領収書や診断書など必要書類を団体宛に送付すると指定口座に振り込まれます。
中には、治療を受けた病院がその団体の対応病院であれば、受付に会員証などを提示すればその場の支払いが自己負担分のみとなる場合おあります。

保障額の形態 

「保障額」と「保障限度額」
取扱団体がパンフレットなどに保障額として提示している金額は、「保障額」と明記されたものと「保障限度額」と明記されたものの2種類があります。

 

【保障額】・・・提示した金額が給付される
【保障限度額】・・・提示した金額以内で治療費の何%かが給付される

 

病院で支払いのときに何%かが割り引かれるものもあります。

再保険制度とは 

日本におけるペット保険は、人間の保険のように保険契約者保護機構のような救済機構はありません。
万が一取扱団体が破綻しても、保険金は保障されません。
取扱団体のサービスが破綻することも想定しなければなりません。

 

そこで、体力の弱い団体の中には他の保険会社で保険に保険をかけているところもあります。
これを再保険提携といいます。
保険金の支払いは保障されますが、若干保険料が上昇する傾向にあります。