犬の手術で多い病気ランキング

人間のように健康保険制度が適用されないペットにとって、犬の医療費は高額となりがちです。

 

愛犬がが突然の病気や事故にあって、治療や手術が必要になった時に、高額な医療費を請求されて驚くことが多いようです。

 

犬の病気といっても、自然治癒するものならば問題ありませんが、手術が必要になった場合、入院に伴う費用はとでも高額です。

 

病気の程度にも寄りますが、最低でも10万円以上はかかってくることは間違いありません。

 

 

愛犬が手術する場合、どんな病気があるのかは飼い主さんなら知っておきましょう。

 

 

 

1位から3位は事故が原因

 

↑はアイペットさんのソースですが、1位と3位は骨に関するもの、2位は、誤飲ですね。

 

つまり1位から3位は、ほぼ事故によるものです。

 

愛犬の環境を整えてあげれば、事故の確率は減らしてあげられますよね。

 

とはいえ、幼犬のときは、やんちゃなので、やれることに限界はありますが。。。

 

 

愛犬の骨折対策
滑りやすいフローリング
階段などの段差
手足を挟みやすい家具
交通事故にあいやすい状況

など、骨折を起こしやすい場所をできるだけつくらないようにしてください。

 

 

愛犬の誤飲対策
大きな食べ物
ジュースのフタ
ヘアゴム
ビニール
タバコ
洗剤

などが誤飲事故の原因になります。手の届くところに置かないことです。

 

 

 

4位以降は原因がさまざま

 

犬の手術原因の4位以降は事故ではなく、原因が多様になってくることから防ぐのがもっと難しくなってきます。

 

これは、人間と同じです。

 

普段から食べ物や環境など健康に気をつかってあげることはもちろんですが、未然に防ぐことは難しいですね。

 

対策としては、

いきつけの良い動物病院をさがしておくこと
いざとなったときのために保険にあらかじめ入っておくこと

くらいでしょうか。

 

 

 

人間も病気の少ない人生がいいに決まってます。

 

ワンちゃんにとっても、同じです。

 

愛犬に普段から、愛情をこめてあげることが、一番の薬かもしれませんね。

 

 

 

 

[[関連記事]]

 

犬のペット保険 定番ランキング

 

ペット保険資料一括請求